忘れられない式を挙げる~最高のハッピーブライダル~

Wedding

式を格安で挙げる

お金のことを考えよう

格安結婚式は、こちらは前金が20万ほど払い、挙式費用の残りをご祝儀で払うというものです。残りをご祝儀頼りになってしまうというところが注意するところです。1人3万円回収できると思っていたら2万円の人がいた等ということがあります。予算を考えるときにご祝儀の値段も考えるようにしましょう。次に多いのは日程を選べないというものです。あまり人気がない真冬や真夏などが多くあげられるのではないでしょうか。また、時間が選べないものもあります。時期や時間にこだわらないのであれば、おすすめします。

努力しだいでコストは抑えられる

格安結婚式と聞くと、元々価格が安くなっているということを考えると思います。格安結婚式のほとんどはご祝儀払いで支払いをするか、日程が選べないというものです。しかし、結婚式というものは自分の努力次第で格安に挙げることができます。結婚式を挙げるためには細かいお金がいろいろとかかってきます。招待状や席札、席次表などは自分で手作りすることができると思います。また、ウエルカムボードやビデオも手作りすることもできます。手作りのものが多くなれば多くなるほど、低価格になります。格安結婚式と聞くとオプションが心配になると思います。細かいお金は最初の見積もりには入っていません。見積もりをしてもらったときに、さらに削れる部分を聞きましょう。